由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 管理釣り場

2007年11月28日

晩秋の丹沢ホーム

071128_2.jpg

紅葉の渓に森を守るための間伐をするチェンソーの音が響く。その音だけが響く森の中でのんびり
とFFが出来るのは幸せだ。今日は1日、代休商店・・・・

071128_3.jpg

紅葉のプールで静かなライズリングが広がる。ユスリカとガガンボのハッチが少しづつ増えてきた
10時過ぎ・・・20番のコンパラダンを吸い込んだのは8寸ほどの綺麗なイワナ。落ち葉の上でお気
に入りのタックルと・・・・

071128_1.jpg

峠の展望台からは富士山が輝いていました。日本一の山に降った雨は80年して忍野を始めと
する湧水の名地に湧き出すそうです。今降っている雨が湧き出す頃は孫の代、日本一の濾過
器の機能も持ち続けて欲しいものです・・・・

071128_6.jpg

kannoさんもバンブーを振ってのんびりとイワナ、ヤマメと戯れていました。出ても乗らない、
直前でターンする・・・14番サイズのカゲロウのスピナーフォールに魚の活性が上がった
昼下がりでした。いつもは楽器の音の中、自然の音の中でリラックスするのも良いですね・・・・・

071128_5.jpg

syatyouさんものんびりモード・・・・釣りだけでなく、お互い紅葉や秋空を撮影しましたので写真
を撮ってるところをパチっとしました。いつも余裕のあるsyatyouさんは人生の先輩として憧れの
ひとです。

071128_7.jpg

お二人と別れて20年来の釣り友人のMさんと都内の美味しいうどん屋さんで夕食タイム。
『鴨ねぎうどん』独特のコシと上品な出汁で今日はすっかりゴキゲンでした!

[ 管理釣り場 ] 投稿者 daikyu : 06:38 | コメント (14)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 管理釣り場

2006年12月29日

初めての王禅寺で釣り納め

森とさかなのsyatyouさんと田園都市線で待ち合わせしてのんびり午後から初めて王禅寺へ出掛けました。時間券でスタート出来る気軽さ、syotyouさんの王禅寺仲間の皆さんと色んなお話をしながらのんびりと竿納めが出来ました。

のんびり釣りをしていると、syotyouさんのご友人のロッドが弓なりになり、凄い水柱が上がって周囲の釣り人の視線が釘付けになっています。やっとのことでランディングしたレインボーは85cm!こんなのも居るんですね・・・ちょっとびっくり。ヒレはさすがに再生してませんが、レッドバンドは野生のレインボーの様に綺麗でした。王禅寺にはかなり来ているそうですが、最大魚とお話されてました。

10年程前のTV東京の海外のフライフィッシングにまつわる番組を見てインスパイアされてFFを初めたとの事でした。いろんなキッカケがありますが、映像の力はやはり説得力がありますよね。映画『リバーランズスルーイット』もかなりのFFファンを創出したことも有名な話です。若かりし頃のブラピと彼氏をダブらせた女の子が何人いたのでしょう・・・

13時頃から4時間券で夕暮れまで遊びましたが、さすがに再放流を繰り返された鱒たちの学習能力は高く、一筋縄ではいかない魚も多かったです。そんな中syatyouのお仲間『王禅寺もみじロッダーズ』(笑)の皆さんの楽しみながらの釣り方を見て、今シーズンの釣り納めにはとても良い時間になりました。syatyouさんお誘い下さってありがとうございました。

釣りの時間半分、お話し半分の様な釣りも王禅寺ならではなのかもしれません。吉田ブラザーズとの再会もとっても縁あるお話しでしたね。今シーズンも強烈に走り回ってきたので、最後の釣りはクールダウンの時間にもなりました。ボクもつくづくと『居心地の良い本屋さん』が近所に欲しいなぁと思いました(笑)

[ 管理釣り場 ] 投稿者 daikyu : 09:05 | コメント (8)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 管理釣り場

2006年11月18日

長沢さんを囲んで森とさかな杯@早戸川

先週のことですが、森とさかなのmaruiさんの企画で、長沢幹夫さんを囲んでリバースポット早戸でのイベントに行ってきました。秋晴れの一日を楽しい企画に夢中になりながら楽しく遊んできました。original photo by marui

前日はterryさん、練馬の住人さん、ochiくんと練馬でミッドナイトまで一杯ヤリマシテ、いい気持ちになり翌日6時起きと釣り人らしいスケジュールでございました。

ochiくんの運転で朝イチ銀座出勤のterryさんを役員待遇でお送りして(笑)、久しぶりにogaくんを有楽町で拾い、宇都宮県人のochiくんにはとバス並みのガイドをしながら都心から郊外へ向けて車を走らせました。長沢さんと合流していよいよ早戸川へ向かいます。

昼過ぎに現地到着すると、maruiさん、kiyoさん、syatyouさんが竿を振っています。今年の夏念願の北海道60オーバーレインボーを手にしたaraiさんも久しぶりの再会。ミュージシャンのカルロスさんも到着していました。original photo by marui

納会を兼ねた釣りと言う雰囲気です。参加者の方々も思い思いに竿を振っていました。ここからはmaruiさんの音頭で、いよいよゲームの開始です。最初のゲームは抽選で二手に分かれての30分総匹数をかけたチーム戦です。これが以外に釣れないんですね・・・長沢さんチームに僕の入ったチームは46対40で見事敗戦!やっぱり魚を目の当りにすると管釣りでのアツいゲームになりますねー

後半戦は各人釣れなそうなフライを一個出して、さらに抽選してフライを再度選びそのフライで釣れた順に賞品が選べると言う早いもの勝ち企画。しかし良く考えられた企画です。皆さん自慢の釣れない毛鉤が出て参りました(笑)

僕が出したのは4番のロングシャンクに巻いた北海道用のホッパー!そして僕に当たったのは、千曲でならしたogaくんからのフライ!薄暮の順光の水面ではとっても見易い黒いウイングのソラックス#18(まじー!)皆で談笑しながらいよいよスタート!

早いもの勝ちのタイムレース!出来るだけ小さい魚を狙い効率良く数を狙いたいこのゲーム。ラッキーにも3匹の釣果!ユニフレームの携帯イス、おろしカネ、ケンクラフトのトートバッグと美味しい賞品をゲットしました(うれしー)original photo by marui

僕のデカホッパーが運良く?当たったカルロスさんも流れの速い場所を選び魚を出したと何だかウレシイ気分に。この企画は中々奥が深いですねー!maruiさんの企画力には参りました(笑)

maruiさん、kiyoさんはじめ楽しい企画にお誘い頂きありがとうございました。リバースポット早戸皆さん大変お世話になりました。参加者の皆さんアツい秋の1日お疲れ様でした。また行きましょうね!

[ 管理釣り場 ] 投稿者 daikyu : 16:36 | コメント (10)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 管理釣り場

2005年12月02日

神奈川にもリトルニュージーランド!?

ニュージーサイズのド迫力のニジマスですが・・・ここは神奈川県のうらたんざわ渓流釣り場です。すんごいのがスレでかかってしまいました。もう取り込むのが大変でした。

フライは18番のケースドカディスです。沈めてツツッと動かしたらスーッと来てパクッとやりましたがしかし・・・口からすっぽ抜け尻ビレのすぐした位にフッキングしてしまいました。あじゃぱーって感じ・・・

水が綺麗なのでばっちり見えますがその中でも最大級が掛かり、しかもスレだったことも重なり水中から大型犬に引っ張られている位の引きでした。皆さんご迷惑おかけしました。

この後ネットをお借りして、この写真で言う下流側に回り、思いっきりロッドを絞って浮かせ半ば強引に水中にある頭からネットインさせました。本チャンのフィールドでこのサイズだともっとびびってますけど、練習だと思えばこれもすごく意味ありますよね。こんなファイトの練習中々出来ないサイズです。重さは量ってませんけど、6、7キロはあったのかな。水が良いのでコンディションも尻鰭の一部をのぞけばかなり良いですね。

水はジンクリアで特に大型が見えますので、サイトの釣りのあわせるタイミングとやり取りを練習されたい方には、ぴったりかと思います。紅葉はもうすぐ終盤ですが、寒さ対策しっかりしていってみてはいかがですか・・・・一瞬トリップ出来た「神奈川県のニュージーランド」でした。

[ 管理釣り場 ] 投稿者 daikyu : 03:20 | コメント (7) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 管理釣り場

2005年11月16日

ひょうたん湖

岐阜の中津川にある管理釣り場のひょうたん湖です。一言で言えば管理してない管理釣り場・・・これ良い意味なんですよ。お客さんはこなくて良い、釣り人に来てくれれば良いという感じの管釣り場なんです。

なぜ管理してない管理釣り場かというと自然に近い状態での釣りの戦略、戦術が試せる釣り場で普通の管理釣り場の常識が通用しない時も多いというコトです。自然の湖の釣りを仮定した練習には中部地区ではこれ以上の場所はないと思います。

レインボー、ブラウン、イトウ、イワナ、アメマスと30cmから70cm近いモンスターまでいます。特にここのレインボーの引きを味わうとシーズン中でもちょっと行きたくなる程です。僕は50センチ半ば位までしか掛けてませんが、ヒレピンの40オーバーになると凄いです。ボートをぐいぐいと引っ張る位の時さえあります。

個人的に好きなのはユスリカへのライズを直撃してハンティングの様に釣る釣り方です。ピューパやソフトハックルで水面直下をツツッとやると・・・モコッ、ゴボッ、ゴンッと様々な反応がありそこからはバッドを曲げながらの強烈なファイトが始まります。5月になるとモンカゲロウのハッチが始まります・・・

羽アリやカディスも含めた虫を意識した釣り、また白ハエなどのベイトもいるので大型のブラウンやイトウ(メータークラスもいる)はハードなタックルでストリーマーの釣りで狙えます。とんでもないのが奥のワンドでベイトを追ってボイルをしているシーンを見る事もあります。

釣れなかったクヤシーという時もありますがこれがまた後引く理由です。来ている釣り人との交流、管理人のしげさん(ルアーの世界ではとても有名なアングラーです)の魅力と釣りにまつわる話がとっても参考しなります。これ聞くだけでもかなりホットになれます。毎日ひょうたんを見ているしげさんは良い意味で「管理しすぎない管理人」です。

しげさんもしめっくりで釣りをした人です。中津川での良い釣り場です。是非どうぞ

[ 管理釣り場 ] 投稿者 daikyu : 06:46 | コメント (6) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 管理釣り場

2005年10月23日

東山湖でプチ「ロフトカップ」

宮城、山形釣り&バーベキュー急遽変更し、宇都宮のochiくんが東京に遊びに来ました。じゃぁと言うことで御殿場の東山湖へ。よーし100匹釣るかぁーと気合のスタートです・・・

二人で並んでワイワイと釣れると「よーしよし」とムツゴロウさんがチャトランをさすりながら可愛がる時の声を真似て遊んでました。

5匹、10匹と釣れて行き、16匹対11匹のリードで私はトイレとメールで中座。ゆっくり余裕で戻るとochiくんから「20行きました!」との宣戦布告。ムムー負けてなるものかと本気モード突入(いやもとい最初から本気モードですハイ)

そこからシステムを替え、マーカーを付け猛追、そして逃げる彼を27匹の時点でキャッチアップ。この時点ではもう昨日の東山ではおそらく一番釣ってる二人になってたと思います。完全にヒートアップ!もう二人だけの世界「よっしゃー釣りって楽しいねー!」「あれっまた来ちゃったよー」「あー毛鉤のんじゃってんじゃーん」など自分が反対の立場ならオメ-ラうっせーなって感じだったと思います。

そして40匹台に入った1時頃「50匹に最初に行った人が勝ちにしよう」と提案。ochiくんも「いいっすよー」とこの辺でけりをつけたい様子。「じゃあブラウン釣ったら2匹カウントにしよっか」とボーナスルールの設定。

さーここからが大変。41対40から42、43と私がリードすると彼もすぐ42へ。私がさらに2匹追加し45とした所でバシャバシャと取り込むと「あれこれブラウンじゃないっすか?』何ー!45対44。やべー。もう殆どバレーの「ニッポンちゃちゃちゃ・・・」の最終セットのラリーのノリです。

「ちなみにスレは0.5ね!」と念のための再ルール設定(爆)46、47匹とがんばるとochiくんから「見ないデー」との叫び声。ニジマスの頬にフライが・・・ここに来て二人で初めてのスレが来るとはドラマです。47対44.5。しかしここから僕1匹、ochiくん2匹追加。

48対46.5 そして僕が念願の1匹を追加・・・「リーチ」宣言!ochiくん更に1匹乗せるも、ここで僕に待望の1匹。取り込みちょっと慎重になる位・・・

「ウオォーよっしゃー!」死闘、激闘、釣史に残る名勝負。こうして興奮のプチロフトカップマッチプレーは50対47.5由井の勝利で幕を閉じたのでした。8時30分開始14時終了の正味5時間30分で二人で合計97.5匹の爆釣です。

50匹最初に到達した人勝ちルールはドラマありました。東山位魚影濃くないと難しいでしょうがかなり面白かったです。これルールちゃんと作ってみんなでやると盛り上がりそう。

夜は下北沢の焼き鳥の美味しい澤の屋源八さん(オーナーはフライフィッシャーです)のお店で釣り仲間Mさんとochiくんと反省会。もちろん盛り上がり、ロフトで長沢さんと合流。私は途中から酩酊状態で気がついたら「帰るぞー」とお店を閉め皆で解散。時計の針は2時頃でした。

長沢さん、Mさん、源八さん、ochiくんお疲れ。釣りは久々熱くなったよー。でもいっぱい普段の釣りのヒントがあったねー。そっちはまた改めて書きますね。これが深いんですよー

[ 管理釣り場 ] 投稿者 daikyu : 08:47 | コメント (193) | トラックバック (0)