由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2008年03月02日

太郎坊さんは正しい

080301_2.jpg

『嘘ついてるとこの岩が狭くなって通れなくなるんよね』クラフト展で滋賀を訪ねたとき西洋毛鉤さん
が連れてってくれた太郎坊さんの名所。思うところありそそくさと通らせて頂いたのだが、まさかそ
んなこと・・・なんて思っておりました。

この日の翌日解禁長良で初モノも手にしまして、お参りした御利益あるなぁ。やっぱり勝負の神様
と言われる事あるなぁとまで思っておりました。

3月1日解禁日。どこに行こうかわくわくし始めた木曜日頃からなんとなく調子が悪くなり、29日、
1日と風邪で寝込む事となりました。そう心のどこかにヤマしいところがあればそれは必ずどこか
で形になりますよと言うことなのでしょう。

あの岩の間を足早に通った僕の姿を見て西洋毛鉤さんはそう言えば笑っておりました・・・・・
あれからちょうど一月、風邪でコメントも遅れがちなこの二日間、久しぶりにブログ徘徊しようと
PCを立ち上げると・・・・あの人
も風邪ひいてました(微笑)

太郎坊さんは正しい・・・・皆様解禁改めておめでとうございます!私は来週から改めて出直します。
明日は家族で鴨川シーワールド・・・・こんな日にアマゴぢゃなくてイルカのテールウォーク見るの辛
いわ。

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 02:41 | コメント (14)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2008年02月06日

近江でおよぐ信州のイワナ

080206_1.jpg

photo by fishcraft

OZさんが60の手習いではじめたフライフィッシング。初めてのイワナは昨年の暑い夏の日中に、
木蔭の小さなプールで飛び出しました。渓に響いた歓声と手のひらの中で踊ったイワナ。OZさん
とした握手やみんなの祝福、乾杯のビールの味まで思い出されました・・・・・

緊急魚無連絡! 歴史的出来事は突然に!?あのリール気になってたそうです・・・・こちら
あの!ぱみこ&こうつんがブログを始めていました。抱腹絶倒なお二人そのままの楽しいブログ
また楽しみがひとつ増えました。リンクさせて頂きました。

080205_1.jpg

週末仕事の出張に絡めてOZさんと中津川で合流し、一路八日市を目指しました。ハンドクラフト展
にOZさんのフライフィッシングで初めて出逢ったイワナのクラフトが展示されることになり、皆さんと
の反省会つきで、近江商人な皆さんに信州人二人は簡単に一荷で釣れてしまいました(笑)

現地に到着すると西洋毛鉤さんがお迎えに来てくれました。中津川からノンストップだと1時間30分
と塩尻とそう変わらない感じ。早速クラフト展の会場へと足を運んでみる。程なくするとフィッシュクラ
フトさん
コムさん、ふくちゃんが合流してクラフトの解説を作者のお二人から聞いてなるほどフムフム
と・・・・

080205_2.jpg

フィッシュクラフトさんの代表作のイワナ。今にも泳ぎだしそうなこの縦位置のイワナ・・・渓で泳いで
いれば誰の目にも留まることはなかったかもしれないイワナが、釣り人の写真がきっかけで素敵な
クラフトになって、釣りをしない人たちにも渓流にすむ魚の綺麗さを通じて自然の豊かさや大切さが
伝えられるのが好きなんだと彼は話していました。

080205_3.jpg

僕が一昨年秋田で出逢ったヤマメは僕のロッドを経由して写真となり、フィッシュクラフトさんの目に
留まって今滋賀県で泳いでいます。夢は膨らみ、こんなストーリーのある魚たちがいろんなところで
元気に泳いで、クラフトを通して釣り人を見る人を心で繫ぐ架け橋になることを願っています。

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 08:32 | コメント (16)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2008年01月27日

初めてのスノーシュートレッキング

080127_1.jpg

奥日光の雪原で楽しく初めてのスノーシュートレッキング行ってきました。人間もカメラもお車も
バッテリーが切れるほどがんばっちゃいました!・・・・shikadaさん、shojiさん、反省会のみochi
くんお疲れ様でした!

戦場ヶ原に到着すると湯滝の下の橋からいよいよトレッキング開始です。昨シーズンは結局、
一度も訪れなかった湯川ですが、橋のたもとのゆるい浅瀬にはブルックが数匹確認できました。
釣り人のプレッシャーから解放されてのんびりしてました。

080130_1.jpg

多彩なオヤジアウトドアースポーツに精通するshikadaさんのガイド&用具説明でえっちらおっちら
とスノーシューで進みます。子供のころの雪遊びの大人版ですがこれは楽しい。入ったエリアは
雪がなくなれば熊笹だらけで入ることの出来ないエリアです。

080130_2.jpg

写真を撮りながら凛とした空気を吸い込みリフレッシュします。2時間ほど歩いて大休憩のランチ
タイム・・・・ここで天然の冷蔵庫で2分も冷やせば最高の乾杯タイムです。いいねー!3人とも
カップヌードルBIGでのメタボランチです。

080130_4.jpg

前日夜のサッカー日本代表戦のお寒い内容に奮い立ったshojiさん。ジャパンブルーのパタのウェ
アに身を包んでのトレッキングです・・・てことなかったね。ニコンにマクロレンズをつけていろいろと
お写真談義に花が咲きます。

080130_3.jpg

カメラのバッテリーが切れるほど写真もがんばって約4時間半ほどのトレッキングから戻ると、
私がshikadaさんの車のライトを消灯し忘れななんと車のバッテリーまで上がってしまっており
ました・・・・万事休すのところがお隣にちょうどお帰りになる埼玉ナンバーの4WDが居て、お
願いしましてバッテリーを繋いで事なきを得ました・・・・・八甲田山になってしまうところでした(汗)

080130_5.jpg

人間のバッテリーも切れないようにと中禅寺湖畔でkomさんからのご紹介で有名な浅井食堂さん
のソースかつ丼で栄養補給!ってカップヌードルBIGから2時間後でしたが・・・・すんごくうんめい!
でございました。お母さんは『釣りの人は良く食べますからね!』と話しておりました。納得!


[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 22:31 | コメント (20)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2007年12月12日

生の音を囲んで反省

071211_2.jpg

我らがカルロス菅野さん率いる熱帯JAZZ楽団の素敵なライブが六本木STBで行われ、プチ忘年会
的なライブ反省会はとても盛り上りました。ちとエントリー出遅れ気味ですので皆さんのブログで既
にご覧の方もいらっしゃると思いますが、参加のおやじ、淑女の皆さんお疲れ様でした!

FF仲間は松本からOZさん、keiちゃん、要さんshikadaさんご夫妻練馬の住人さん、okiさん・・・
夢会仲間はしんちゃん、ひろちゃん、つくちゃん・・・みんな良い笑顔で最高でしたね!

ライブの開演までの時間は近くの居酒屋さんで和やかに一次会。そして19時30分過ぎから華やか
に熱帯JAZZ楽団の本格的なラテンジャズに酔いしれて時の経つのを忘れてしまいました。

071211_3.jpg

カルロスさんのユニットのライブスケジュールはこちらから、熱帯JAZZ
楽団のスケジュールはこちらから、それぞれご覧になれます。来週は渋谷の渋いBARでの静かな
ライブのご予定、年末の大阪、新年はこの六本木STBで再びライブのご予定です。熱帯JAZZ楽団の
ライブも新年早々鈴鹿や愛知とブログ仲間のご縁のありそうな場所で行われる模様です。FFマンであり、
素敵なパーカッショニストであるカルロスさんのオトナな音楽をどうぞ・・・・・


[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 02:50 | コメント (8)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2007年11月25日

反省会 in 下野の国

071125_1.jpg

この国の反省会は楽しい。このろくでもない、すばらしき世界・・・・・

魚無連絡 下北沢ロフト釣り人の忘年会 NEWSコーナーでお知らせしています。よろしくお願いします。

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 23:31 | コメント (18)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2007年11月22日

竹を割ったような人

竹は繊維に沿って綺麗に割れるので、まっすぐな人と言う意味で良くこんな例えをしますが、
今回なるほどと思うことがありました。楽しそうに竹を割ってる人、バンブーロッドビルディング
の講師の西洋毛鉤さんです・・・・

071121_1.jpg

円盤状になった重いギロチン風(?)の道具を丸い竹の口に当てて、竹の下側をたたきながら
ごんごんときれいに6分割していきます。見事に割れます・・・・まさしく竹を割ったような人

魚無連絡 自然と遊ぼう 家族で遊ぼう さん  ANGLOさん とリンクしました。
ロフト忘年会 NEWSコーナー

反面、そんな諺通り一筋縄ではいかないところも実は竹は持ち合わせているようです。大きく
6分割した竹を、さらに半分、さらに半分と分けていく過程を見て、実際させていただきました。
まっすぐに割るのが結構難しい・・・・

西洋毛鉤さんの師匠が開発したという特製の道具で竹割りをしましたが、手先の感覚を上手
に使い、まっすぐにしていきます。以前、旋盤工の職人さんは手のひらだけで水平を出す感覚
を磨いていると聞いたことがあります。やはり人間の感性や感覚はすごいのだと思います。

071120_4.jpg

翌日にはそんな繋がりのある、ミニ旋盤を持ち込んで、ozさんログのバーベキュー小屋がプチ
工房に早変わり!リールシートづくりを拝見しました。これも楽しそうに削る講師をみていると、
その思いが道具や材料に伝わっているようでした。

プチ観光、魚っちんぐ、反省会、プチクラフト講座のあとはやはりFFです。翌朝、最後の反省用
食材の猪を鍋にしてお腹をみたした7人は『エリアフィッシング はばろく』さんへ向かいました。

071120_3.jpg

到着すると間もなくポンドに浮いていた大型のイワナを発見。朝ozさんログで巻いたソフトハックル
の#16を目の前で2度スーッスーッと動かすと何のためらいもなくパクッと・・・・40近い迫力のある
魚体です。うーんきれい・・・

ここで忘れてならないのが、今回のメンツの中の雨男 shikada daikyu 西洋毛鉤 terry・・・・そう
言えば春に開田で集合したときは雹と雨で大変だったねーなんて話ていたら、ななんと今年初の
雪が降ってまいりました・・・・・ある意味竹を割ったように分かりやすい雨男4人衆なのでした。

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 04:52 | コメント (10)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2007年11月21日

『いただきます』の意味

西洋毛鉤さんのプチクラフト教室が終わるとおやじたちの反省会・・・今回は素敵な高級食材が
近江やら塩尻やらからヤッテ来た。野生を食らうというワイルドな反省会もたまには良いものだ。
最高級近江牛がデーンと出されて一同溜息・・・・正価100g2000円なり!


071121_4.jpg

魚無連絡 はばろくさんのリンク ロフト忘年会のNEWS ともによろしくお願いします。 

そこはさすが近江商人の血を引いた西洋毛鉤さん、なんと半額で交渉をして仕入れて来て下さい
ました。木曽の山奥で近江商人の生きざまに感謝しながらのしゃぶしゃぶはどんな表現も陳腐に
感じるほどの素晴らしさ。これはライブで食した人にしか分からない至福の時間でした・・・・

071121_5.jpg

そしてこちらも近江牛刺し・・・・目の保養してくださいませ。とろっとろでした・・・・あっとちなみに
普段は100g300円でも高いと思う様な買い物しかしてませんが一流を味わうのも人生では大切
なことですので年一度あるかないかの大盤振る舞いです。念のため(笑)

071121_6.jpg

こちらは恒例となった塩尻のお肉屋さんからkeiちゃんが仕入れてくれた馬刺し。伊那から来ている
のかもしれませんが、長野伊那は知る人ぞ知る馬肉の産地。ただ、この馬刺しはそんじょそこらも
シナモンとは違います。馬刺しの概念そのものを変える力があります・・・素敵!

071121_7.jpg

やはり馬とくれば鹿です。shikadaさんのおなかの肉ではありません(笑)このお肉はozさんのハン
ティング仲間の方からの差し入れですのでホンマモノの野生です。猟期がはじまったばかりなので
昨年の獲物の冷凍と言うことでしたが、熟成された旨味が最高でした。

反省するどころか野生の王国生肉会の様相を呈しておりまして、しゃぶしゃぶ、刺身、鍋ものと
ありがたく野生の命を頂戴しました。普段のキャンプ釣行でもここまでの食材を集めるのは中々
ありませんので良い経験でした。

『頂きます』の意味はその動物や魚の命をありがたく頂くと言う意味を込めて言うのだと、作家の
倉本聰さんがお話しておりました。富良野塾では生きた鶏を皆で捌いて食べるそうです。本当の
命の大切さを覚えた反省会でもありました・・・・ってきれいにまとめても誰も信じないか。


[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 10:31 | コメント (14)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2007年11月19日

反省会 in 開田高原メタボログ

071119_1.jpg

開田高原での反省会へ向かう途中、ozさん、shikadaさんと一緒に、奈良井宿へ立ち寄ってみま
した。木曽福島で西洋毛鉤さんと合流予定なので車をゆっくり走らせながら宿場町を案内しまし
た・・・魚ッチング、プチハンドクラフト教室、肉々しい宴会メニュー、激寒の中の初雪管釣り会・・・・
参加の皆さんお疲れさんでした!

魚無連絡 その1 釣り人の忘年会in 下北沢ロフト ご案内NEWSコーナーに更新しました。
その2 エリアフィッシング はばろく さんとリンクさせていただきました。よろしくお願いします。

奈良井宿でちょっとタイムスリップした後は、木曽川源流部にある『はばろくフィッシングエリア』を
調査しに行くことに。明日日並が良ければ皆で半日位遊ぼうかと言う話になっていて、3人で見に
行くことにしました。

途中、笹川周辺で魚っちんぐ・・・周辺の紅葉もピークを過ぎ、晩秋からいよいよ初冬へ季節が移り
変わる山並の様子です。落ち葉が更に山を豊かにして行きます・・・・

071119_5.jpg

土手沿いに覗くと、釣り人の殺気から解放されたいわなやたなびらが悠然と泳ぎ、時折ライズすら
しています。小一時間で来シーズンの新しいポイントになりそうな場所も見つけることができました・・・

こだまの森を抜け、はばろくさんに到着。高校時代のサッカー部の一級先輩の実家である、はば
ろくさんの管理棟にはお母さんが居ました。高校時代の夏休みに同級生と先輩ら数人で、ここで
キャンプをしたことがあったような?話になりましたがお互い25年以上前の遠すぎる記憶が定かで
ないものの、楽しい井戸端会議は進みます。


071120_6.jpg

ジンクリアな水の中、養魚場を併設しているこのエリアではそれは綺麗なニジマス、たなびら、
いわなが育っていました。エリアには二つの沢が流れ込み、その一つの流れを利用して段々
畑の様に池を配置して、最下流部にエリアポンドがあります。

071120_7.jpg

沢にはポンドからいわなやたなびらが遡上して来ていて、魚っちんぐすることが出来ます。種沢と
して機能している様子で、2週間ほど前に尺を超えるいわなが数匹ペアリングしていたそうです
ので、産卵を終えてポンドへ下った模様です・・・・こんな話が出来る管釣りがあることが素敵です。

釣りの虫が騒いだのはもちろんでしたが、西洋毛鉤さんとも待ち合わせの時間が近くなり、明日
みんなで午後から来ますと話して、反省会場へ向かったのでした・・・


[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 10:35 | コメント (22)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2007年10月22日

荒雄のレインボー

071022_3.jpg

昨晩遅くに戻りました!二日間の釣りでしたが、初日はピーカンのkomiyuki日和、宴会の晩から
翌日にかけてはheboheboshikadaikyu日和の嵐見山!・・・・ところが釣りは分らないものですね。
二日目の荒天はコカゲロウとガガンボのハッチを誘発しました。続きは明日に!参加の皆さん、
お疲れ様でした・・・・

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 17:17 | コメント (21)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2007年10月17日

旬の色彩

071017_1.jpg

綺麗なぶどうは塩尻にお住まいのOZさんから。塩尻はぶどうの産地としても有名ですが、ワイン
がここのところとても美味しい様です。このぶどうの中ではナイアガラのちょっとゆるい感じの甘さ
が好きです・・・・


巨峰は子供の頃には高級品でお見舞いなどで頂くと小さくガッツポーズをする位でしたが、今では
かなり庶民的な食べ物になった感があります。今どき、ぶどうをもらってガッツポーズする子供は居
ませんね。

071017_9.jpg

こちらは山ぶどう。きのこ散策中に山釣先生が見つけてくれました。野生の力強さのある色ですが
口に含むと、それは懐かしい酸味が広がりました。今頃shikadaさんのお宅でジャムにでもなってる
でしょうか。

071015_17.jpg

高原野菜の代表格、白菜です。まだ収穫には時間がある葉が緑色をしている畑がありました。
この時期に、こんな綺麗な緑に逢えるとウレシイもんです。鍋の主役を引き立てる名脇役、
鍋奉行のスーパーハッチの季節です・・・・

071017_3.jpg

ハナイグチ。とても分りやすい色と特徴できのこへの親しみが湧きました。傘は濃い栗色、ヒダは
スポンジ状になっていてカラマツ林の中で群生していました。次回から秋に高原のカラマツ林を見
かけたら車を停めそうです・・・・

071017_6.jpg

ベニテングダケ。毒きのこの代表格、濃い赤と朱色を混ぜた様なオドロオドロシイ色ですが
見方によってはカワイイかもしれません。傾斜のきつい斜面でrieさんが発見して撮影しました。

071015_12.jpg

同じ場所の少し離れたところでOZさんが見つけたキシメジ。菌輪と言ってひとつ見つけると近くに
いくつか群生するようで、この写真を皮切りに20株ほど収穫出来ました。鍋と素焼きになって皆さ
んのストマックへ!こんな菌なら皆にも喜ばれます・・・・

071017_8.jpg

天高く馬肥ゆる秋とはこういう事なんだろうなぁと言う感じの二日間。自分も『肥ゆる』状態になっ
ているんだろうなぁ・・・カロリー控えめに!と言いたいところでしたが、3日後にはメタボキャンプな
私でした・・・・ダイエットは来週から!


[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 07:09 | コメント (10)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2006年09月27日

きのこ&FF企画in開田高原 宴会編

高原の夜更け、きのこ企画はお楽しみのMさんのきのこ料理、そして宴会タイムに入りさらに盛り上がりを見せる。Oさん自慢のログハウスに併設されたウッドデッキとバーベキューハウスから、料理の美味しさに感動する声が次々と。楽しい時間はエンドレスな盛り上がりを見せながら続いていく・・・・

今日は自然の恵みを感じたいと一時間ほどのイブニングタイムを楽しんできた僕達は何年ぶりか数匹の塩焼きサイズのイワナをキープしてきた。FF組の皆も賛同してくれた。

キャッチ&イートを繰り返していた幼少期、近所に自慢がしたくて必ず魚は持ち帰った。高校からFFを始めてリリースをした時の清々しさに何か大それたことをしたような感動を覚えた。リリースが普通になった今改めて魚を食べる事には別の感慨がある。

長い釣り人生の中ではこうした自分で釣り、自分で〆て、自分で食べる経験は大切な時間になるハズ。最近自分で釣った魚を食べた事がない釣り人が多いと聞くと、僕はぜひ一度食べて欲しいと思う。

なぜならば、魚を〆る行為を経て、食べる事。『頂きます』の語源は尊い命の恵を頂きますと言う意味があると聞いたことがある。普段当たり前の様に口にしている肉や魚を食べる事にも感謝をすることが出来る。この経験は簡単に出来そうな様に見えて、意外にしている人が少ない経験だと思う。


ログに戻る頃には、昼に採取したきのこが手際よくMさん中心の料理チームによってテーブルに載せられている。オヤジギャグチームによるいつものFFキャンプも楽しいが、この分業による企画は強力だった。

開田産の黒豆の枝豆に始まり、虫くいや実の入りが不十分とただで分けてもらったもろこし(これが抜群の甘さだった)は高原の開田ではまだ旬だ。そしてきのこはMさんの故郷の石川の特製みそ仕立ての、きのこ鍋に変身していた。

きれいに処理されたきのこと、白菜、鶏モモなどメインにした鍋はきのこが織り成す絶妙な出汁が効いたそれは美味しいを連呼するしかない鍋だった。41年間の鍋奉行人生の中でもベスト3に入るのではと言う美味しさだった。

やはり念願のきのこ狩り企画、自分たちで採取したきのこ、そして料理するMさんの心、Oさんの素敵なログのデッキ、みんなの笑顔・・・すべてが最高のエッセンスとなっていた。鍋を取り分けて口にした瞬間は、ジェットコースターの坂を登りきった直後の一瞬の間の後の豪快さの様に『きのこワールド』に一気に突入する感じだった。

その後はタマゴダケを使ったクリームソースのスパゲティ・・・・この独特の粘りのあるコクと深みのソース。自然の恵みのありがたさにもう感動するしかない。これには冷えたワインを合わせたいと言う感じだ。

塩尻から参加のkeiちゃんがここで差し入れの馬刺しを供してくれた。このサシがきれいに入った魅力的な食材も素晴らしく宴はどんどん盛り上がる。

焼き枯らしたイワナが良い色になってきた。八海山の熱燗をジュッと掛け骨酒をつくり、皆ですすると独特の旨みに心身共に温まった。高原の湧水の川で育ったイワナを何年ぶりかに食して改めて彼らの命に感謝することが出来た。

すべてのご縁はOさんの心遣いと、Mさんのご協力あってのことと改めて思いながら幸せな時間は過ぎていくのでした。皆さんからご要望が出た春企画は更に得意と言うMさんの山菜料理をメインに、5月後半に高原のログで行われるコトが決まり、更に幸せな気持ちになった。

反省などするハズないのに反省会が大好きな僕は、春企画の前に冬の反省会企画はどうかと提案すると、間髪いれずに頷く皆さんのにこやかな顔が飛び込んできた・・・・・やっぱり反省したいんだ!みんな

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 06:07 | コメント (30)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2006年09月25日

きのこ&FF企画in開田高原 採集編

23日、24日の両日木曽開田高原にてきのこ狩りとFFの企画をOさんの別荘をお借りし、講師のMさんをお迎えして行いました。大満足の二日目の朝皆さんで記念撮影(FR誌Sくんとokamuraさんは朝イチお帰りになりココには写ってません)曇り少雨の予報がハズれ、それは素敵な秋晴れになり、絶好の行楽日和の中、気持ちの良い時間を皆さんでワイワイと過ごす事が出来ました。Oさん、Mさんそして皆さんこの場をかりて御礼申し上げます!

高原はススキが黄金色に染まり、すっかり秋の気配となっていました。午前中にFR誌のSくんと合流してサクッと取材を済まそうとお気に入りの沢に入渓します。ところがピーカンの天気と先行者に悩まされて意外にも渋いものとなってしまいました。

待ち合わせの時間ギリに手のひらサイズのヤマトが出てようやくOKとなりました。アマゴは逆に最上流部では涼しさの中スポーニングに入る様な行動を見せてフライには興味を示しませんでした。もうすっかり秋となっていました

待ち合わせ場所に遅れること30分皆さんお待たせしてスミマセンでした。到着するとMさんのきのこに関するレクチャーが済んでおりました。初めてお会いする西洋毛鉤さんとも無事合流出来、老舗『まつば』で美味しいざる蕎麦を食べて満足します。

カラマツと白樺の混生した林がきのこの好ポイントとのMさんのお奨めに、Oさんのログの周辺を腰ビクを着け探索します。ビクが着くと気合の入ったきのこ師に変身です。shikadaさんご夫妻と西洋毛鉤さんも先生の指導の元、道の脇の林へ分け入りきのこを探します。

程なくしてMさんがどんどんときのこを見つけますが、図鑑を手にして注意深く確認して行きます。ちなみにこの群生しているキノコはNGでした。見た目は良さげでも、これはこう言う理由で怪しいなど泉の様にウンチクが出てきます。

これには皆さん驚き、途中からは小学校の授業よろしく、きのこを発見する度に先生、先生と呼ぶ状態に・・・・しばらくすると小ささ沢が作る盆地状の平場に椎茸栽培の跡と見られる潅木の朽ち果てた場所を発見。鼻がピクピクとpara-miyukiさんのアークの様に動きます。早速斜面を降りて、苔むしたり倒れて腐っている潅木の周りを注意深く見ていると・・・

まるで尺物のイワナの群れを発見したような達成感です。ま準天然と言う事ですが、これは立派な椎茸・・・・さすがに僕でもこれは分ります。人数分の確保が出来、盛り上がりました。

例えは違いますが、乗合船で船べりに上がってきたアジを見て、パブロフ犬状態になる様に、網で焼いた焼きシイタケの映像がポンッと出てくる程の嬉しさでした。その後もMさんの指導と皆さんのあくなきチャレンジで、3時間ほどのきのこ探索の成果は素晴らしいものとなりました。

買出しに街に出て戻ると、Mさんが全てのきのこを更に図鑑とニラメッコしながら選別しています。もう皆興味津々で夜の食材になりうる山の幸を見つめます。

かさや袴に着いた土や、葉を丁寧に取り除きいよいよ料理タイムへ・・・・ゴクッ生唾が!

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 00:01 | コメント (14)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2006年05月12日

湯川オフ会

要さんのお誘いでブログ仲間の皆さんで日光の湯川へオフ会に行ってまいります。東京に戻るのは13日の夜になると思いますので、更新はその後になります。戻りましたら日光の楽しい話をアップしますのでお楽しみに・・・・写真は栃木のレイクウッドリゾートでのオフ会の様子です。大勢での楽しい会になりそうです!

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 04:22 | コメント (2) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2006年02月23日

うまさ爆発!

昨日の夜、terryさんのお誘いでlight-cahillさんと、お初にお目にかかりますmotoさんが新宿に集まりミニオフ会となった。今回の主役『北の大地の釣り人yunさん』が飲み会終盤に差し出した紙袋に包まれたお土産。そのパッケージがこれ。強烈に目立つカラーと分り易いネーミングのこの商品。yunさんお奨めのコマイの干物だ・・・・

少し炙って日本酒をくっとやるともう最高ですよ、お奨めの言葉が心にシミル・・・ありがとうございます!

この気持ちがうれしい。4月にyunさんのホームでお会いする約束をすると、うーんその時期は海サクラですかねーと彼。うーんこの新鮮な響き。フィッシュウォッチングと行者ニンニクと海サクラ・・・素敵な山菜の料理が目の前に出てきたイメージとグリーンバックの魚体がツーハンドロッドをぐいぐいと絞り、ラインをどんどん引き出して僕の脳みその中を駆け巡った。

もう話しながらアドレナリンが出まくってしまった。『行きたさ爆発!』の瞬間である。こういうときの我田引水系連想力は我ながら凄いと思う。脳みそ全体が一瞬にして右脳に変化してしまった様な錯覚に陥る。
後先が判らなくなる素の釣り人になってしまう。でもこれが若さと元気の秘訣だと勝手に自分に言い聞かせ納得もしてみる。夢中になれる事があるのは至福だ。

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 07:34 | コメント (10) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2006年02月13日

燻製スクール@Mさん邸

ドーンと吊るされた半身のサーモン。Mさん宅での燻製スクールでの食材である。Mさんは友人のYくんのご縁で知り合った渓流テンカラと山菜採り、きのこ採りにも詳しい方で、自宅に伺うと庭に今回のお題『燻製』の食材が乾燥工程に入っていた・・・

仕入れから下ごしらえに至るまで、Mさんが完璧にして頂いており、写真はスモークを始めたところの図。スモーカーはダンボールを組み立てたもの。収納のことや、スモーカーを洗ったりする手間、サイズを容易に変えられる事などを考え、経済的にも優れているダンボール製にしているというコトだった。なるほど納得!僕も昔ダンボール製スモーカーでニジマスの温燻を良くしていた。

牡蠣は横に渡した棒で仕切った網を2段にして温燻、そして冷燻にするサーモンに効率良く煙を廻すために、お隣の牡蠣の温燻用ダンボールから百貨店の建物の連絡通路よろしくバイパスを通して、熱源からは遠ざけながら煙を効率よく流すというアイディアを教えて頂いた。これでもかなりの煙で燻される。牡蠣も干すことと煙で3分の2位までの大きさになるそうだ。僕もスモーカーに3時間位入った方が良さそうだなーと思った(爆)

燻味をつける間、タイイングをしながら待つ事に。今回は大体4時間位の時間だそうな。大人の休日をゆっくりと過ごす感じだ。僕もタイイングセットを持ち込んで、パラシュート、ソラックス、ソフトハックルと3パターンを巻いて見た。もちろん人前でフライを巻くことなんてまず有り得ないが、今日はMさんに燻製スクールをして頂いたので少しでもお役に立ちたいと・・・

岐阜への所用で燻製の仕上がりを見ずにお先に失礼する事になったが後ほどYくんからご丁寧にも携帯メールの添付画像で、牡蠣とサーモンがそれぞれ出来上がったと連絡が来た。空腹状態で中央高速を飛ばしていた僕にはこの画像はかなり効いたが、とても楽しく燻製を改めて見直す機会となった。

そしてMさんのご好意で5月の山菜採りと釣りのツアーを5月中旬に木曽で行うことになった。山菜を採り夜の宴会で料理をして酒盛りをする。そして釣り案内役を僕がしてエサ釣り、テンカラ、FFとのコラボで釣りを楽しもうという企画。少しだけ空がありそうなのでご希望の方はお知らせ下さい。ツアー直前に珍しい山菜が手に入る予定もあり、釣りも5月後半なのでどこの渓も良くなってるはずで両方そこそこ楽しめると思います。

今回の燻製スクールの詳細はMさんの了解を得て、後日フォトギャラリーで詳細の報告しますので、興味のある方はご覧頂ければと思います。Mさん、Yくんはじめお集まりの皆さんとてもお世話になりました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします!

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 06:30 | コメント (8) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2006年02月12日

ヘボヘボ会@レイクウッドリゾート

昨日は鹿沼ICから20分弱のレイクウッドリゾートで森のフィッシュウォッチングのブログでお仲間のheboheboyさんのお誘いで管理釣り場でのヘボヘボ会に行ってきました。のんびり釣りを楽しみ、美味しいお昼を皆さんと釣りの話をしながらの一日でした。

集まったのは会長のheboheboyさん、ブログでいつもアツイコメントのdadlifeさん、今回の幹事役地元のくろやんさんとお友達の靖さん、komさん、お子様と参加のBlue Backさん、そしてバンブービルダーのpara-miyukiさんと僕の8名での管釣り会が始まった。

僕は朝の立ち寄りがあり、高速の事故渋滞もあったことで少し遅れての到着だったが、もう皆さんロッドを振っていた。場所は大芦川沿いの湧水を引き込んだとてもきれいな雰囲気の場所で、管理等のロッジもとても雰囲気のある輸入住宅だった。

ドッグランも併設しているので、ペット連れのご家族や、予約しておけば石釜つきのバーベキューハウスでピザなどもセットになったバーベキュー食材を用意してくれるらしい・・・これはオフの楽しみが広がりそうな感じである。東京からもそれ程遠くない。

昼前までジンクリアな水質に苦戦しながらも、早めの昼食。生でくーっと一杯やりながら、dadlifeさんの祭りとスロット人生からいかにフライの世界に入ったかという貴重な話(!?)を聴きながら、鉄鍋で熱々にして供されるナポリタンを食す。これが美味しい!食事が座ってゆっくり出来るのはありがたい。

暖炉の上に飾られた管理人の奥様の釣ったメーターオーバーのタイメンの剥製を見ながら、いろんな話をして盛り上がった。

午後は活性もあがり、ミッジもちらほら出てきて、日がかげると共に一気に活性があがった。30cm前後のサクラマスがとても活性が高く、クルージングしながらシラメのようにミッジを積極的に捕食するようになり、16番から18番位のフライでも簡単に反応してくれるようになった。1番良かったのは18番のイエローのシルクを下巻きにしたソフトハックルを水面下でスーッと動かすと好反応だった。


 お隣の要さんもやはり活性の上がったサクラと大きなブルックを掛けたり、色んなお話しをしながらあーでもない、こーでもないと盛り上がりあっという間に夕方になった。

クラブハウスに戻りお茶を頂きながら、要さんのご準備してくれた景品が目の前に・・・初参加の私は皆さんのご好意により要さんの額装写真を頂けるという幸せに・・・ありがとうございます。

要さんステキなお誘いありがとうございました!そしても一つのお誘いの方も、よろしくお願いします。すごく楽しみです。出会いのご縁で新境地という感じです・・・・

今日はさらにご縁のMさん宅での燻製&タイイング教室・・・昨日のサクラマス美味しく頂けると良いと思います。

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 08:46 | コメント (22) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2005年12月29日

釣りも納まりました

今年の釣り納めをWEBを通じて知り合ったお仲間と楽しくカワハギ釣りで過ごして来ました。釣果はハギ3匹でしたがOKです。「ファインディングニモ」のドーリー風,手の様なヒレが可愛い。下腹の出方が他人と思えない。ガンマGTP高そうな肝臓です・・・

メンバーはフジノさん、海馬さん、Ayutarouさん、葱さん、船長さん、僕の6名でした。皆苦戦の中海馬さんはさすがの腕前でツ抜け達成。しかし潮が早く、朝からの強風、50mの深場での釣りということで6回目のハギ釣りでしたが釣果は順調に逓減傾向でございます。がしかしハギ症候群の病はどんどん進行してしいます。ちなみに今日の竿頭は17匹とのことでした。あの状況で17匹はすごいです・・・

帰りに上州屋さんでカワハギ地獄というその名もおどろおどろしいカワハギのDVDまで購入する始末。
帰宅途中に貴重な釣果をぜひと春日町のSさんのお店に寄ってお裾分け。

自宅に到着。自分の一杯用のハギのお造りをセットして、お風呂に入り、家族の寝静まった居間でお気に入りのCDを聴きながら、ひとりお疲れ会です。

明日は長野の木曽へ帰省です。ハギ釣りオフ会詳細は後日フォトギャラリーにアップしますのでお楽しみに!フジノさん始め皆さんお疲れ様でした。来年もよろしくお願いしまーす。

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 22:50 | コメント (5) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2005年12月18日

神さまシリーズ第3弾 神さまお願いします

昨日群馬にニュージーに行って来ました。魚の写真ありません。60オーバーの写真アップしようかなーって、甘かったですね。あだむすパパさんチームと現地で合流し、ichiチーム3人で釣り開始・・・

私達3人で一日やってなんと1匹。しかも夢のサイズには程遠い40cmクラス。神さまお願いします!何がいけなかったの?

東京から近いんです。渋川IC降りてものの10分です。駐車場もしっかり完備されて、管理人の漁協の方もすごく感じの良い方ばかりで・・・しかしちょっと冷え込んで、水色もkiyokmiyaさんのお話で大きいのが見えたという感じには程遠く、ダムからの放水のせいでクリームソーダ色。しかも「ちべたそう」な水。

ま何とかなるでしょう、といつもの楽観的な私。ぱぱさんチームも程なく到着。管理棟には日付とともに50センチオーバーのニジマスの釣果の履歴が掲示してありました。魚大きいんだなと改めて感じましたが。

結果は惨憺たるもの。活性は低いのは事実だと思いますが、ぱぱさんチームの方は55cmの鰭ピンを頭に3匹と聞き、釣ってる人は釣ってるんだなぁと。修行がたりません。もう今日は引き出し全て開けて、やりましたがプールとプールを繋ぐ小さな深瀬での幸運な1匹でした。管釣りで2500円払って釣りしてるので見返りは期待して良いパターンですよね、神さま?そういう日もあるから良い日もあるんですよねー

60はあろう魚体が水面にあらわになったり、どっかでがガバガバッていう鰓洗いの音がするとそのファイトをうらめしそうに眺めたり。あーサイテイ。でも楽しかったよね。行き帰りのおしゃべり。やはり釣りをしている以外の時間の過ごし方の大切さを改めて感じました!ichiくん、Mさん大変お疲れ様でした。

日本のニュージーランドは厳しかった・・・3月以降は普通の日釣り券で釣れるそうです。管理人のおじさんの話だと残ったすごい奴の活性があがり、それはすごいよと言ってました。ヒゲナガとかの時期にやってみようかな?ヤマメもいそうだけどどうなんだろう。

ちなみに餌釣りもOKで、キャッチ可能なアリアではまあまあつれていました。「まぐろの角切が一番だよねー」と金歯がきらりとする満面の笑顔で話したおじさんのインパクトだけが脳裏の残りました。マグロ角切りフライは赤黒いエッグヤーンをコーティング材で四角く成型すればいいっすかねーおじさん?

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 06:35 | コメント (16) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2005年12月10日

FFフェスタ 2005 行って来ました

パシフィコ横浜で開かれたFFフェスタ行ってきました。ブログを始めて知り合ったお仲間と初の対面というコトもあり、オフ会の目的半分とい感じでした。お会いしたみなさんありがとうございました・・・・

2時を回った頃、そろそろと連絡をとり奥の飲食スペースで待つとブログ仲間のterryさん登場。まさしく正しいフライフィッシング出会い系サイトを通じた初対面となりました。何か昔からの友達に会ったような不思議な感じ。多い時はかみさんよりも話たかもと笑い、lightcahillさんの合流を待ちました。

程なくして紳士なかんじのlightcahillさん登場。何か自然とうれしくなり初対面ももちろん意気投合。釣りの話で盛り上がりました。毎年阿寒にも行かれているという話で今年は入れ違いだったことも判明。来年はご一緒出来るといいですねー

僕は前の日の残業もたたり、程ほどに歩いて疲れたコトもあって早く飲みたいばかり。30分後には横浜を後にしなくてはいけないという事情から(?)後半は奥の飲食スペースで同行のichiくんと現地合流のあだむすパパさん、clear waterさんと飲ってました。

そして帰り際にカルロス菅野さんとも立ち話をして、お世話を出来た眼鏡の話と釣り人の忘年会で会うお約束の確認。そしてFFブースにいらした要さんとdadlifeさんに合流!お二人と握手をして、要さんの本にサインを頂いて忙しく会場を後にしたのでした。

個人的にはブロガーの皆さんやそのまたお友達。maruiさん、taroさん皆さんのご友人と急ぎ足で名刺を交換することが出来ました。あいさつもそこそこだったですが、よろしければブログに遊びに来て下さると
うれしく思います。

ぜひコメントしてあしあとをのこして頂くと、カレンダーをお配りをした成果が見えてうれしいのですが・・・・

個人的にはもう少し社会的メッセージや自然保護の啓蒙のようなイベントやブースがあっても良かったと思いました。釣具を売るための展示会というだけでは今後の展開が乏しい気がしたのは私だけでしょうか
会場のスペースもかなり余っていた様に思えました。ボランティアでも無償でも良いので、そうした活動や啓蒙に対する企画があると深みが出たように思いました。

ジャニス天国での出展での自分自身の参考にしたいと思いました。釣り方商店らしいメッセージが発信できれば良いのですが・・・


[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 21:37 | コメント (10) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2005年12月03日

展示即売会 ジャニス天国出展決定!

プロショップジャニスが松本で2006年1月に開催するジャニス天国と言う名の展示即売会に出展します。釣り方商店開店にいたるコンセプトから、未公開の釣り方や映像、2006年発表予定の新タックルの数々、釣り方商店の秘密の裏側を全部みせます。

そこでは私の24年の経験で得られたライトタックルのFFに対する思いと、長くこの趣味を楽しむための考察による、来年発表予定のプロジェクトについてのコーナーを設ける予定です。

バーチャルでない体験版釣り方商店を実現すべく、これからの2ヶ月、FFタックルメーカー、映像プロデューサーやカメラマン、WEB製作会社、オンデマンドプリント業者、個人のタックルメーカー、ジャニスをはじめとする釣具店、つり人の皆さん、そして一番の主役であるさかな達と一緒に一大ウェーブを作るべくちょっとおもしろいコトをやってみたいと思います。

そこで皆さんからも公開でこの出展に際してのこんなんおもしろいんちゃうっていうアイディアを大募集いたします(なぜかここだけ関西弁ですが)

アイディアが採用されたあかつきには、1月28日、29日の両日現地で提案したあなたが実際にそのアイディアを展開する主人公になっていただきます。ってようするにブースのお手伝いです(爆)

高校時代の学園祭委員長を経験した時の血が騒ぎ出しています。何かが起こる・・・・

ちなみにジャニスの志水は小学校からの同級生で釣り仲間なんです。これも何かの因果ですね。そういえば今月のFF誌のお店紹介みたいなコーナーにリーマン風の変装して写ってたなぁ。

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 17:46 | コメント (4) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2005年12月01日

つり人のための忘年会@下北沢ロフト

BBSでも速報いたしましたが、12月19日(月)の19時30分より下北沢にあるライブハウスロフトでつり人のための忘年会があります。オーナーは皆さんお馴染みのFFの達人長沢幹夫さんです。

今月発売のフライロッダーズにもカラーで長沢さんの北海道の釣りが特集されています。長沢さんはもちろんのこと、気さくなFF仲間が集まります。この機会に初めての方もどんどんいらして下さいとのコトです。会費はこの時期ありがたい3000円です。

当日はFF関連グッズのオークション(皆さんお好きなFF関連グッズをお持ち下さい)司会はわたくしでございます。今年の釣果の写真を持ち寄ったりと良いおとなの男が集合して、釣りの話だけをする男らしい会です(釣り人はこういうとこ凄いです)

ぜーひブログで知り合った皆さんも、飲み会ならばたのしく行けそうとヒソカに思う方もふるってご参加下さい。メールでもコメントでも結構ですので出席できる方はお願いいたします。

12月10日(土)はフライフィッシングフェスタで横浜に行きます。会場でブログやHPでお知り合いになった皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。つり具が欲しくなりそうでまずい感じもありますが、会場でプシュッと出来る可能性もあるようなので、羽伸ばさせていただきまーす。よろしくお願いします!

ちょっ忙しい日が続いたので元気になりたくて、季節ハズレではありますが、昨年の夏ニセコで撮影したヒマワリの写真を探してきました。これ見ると元気になるんですよね!

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 00:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > オフ会

2005年11月26日

カワハギ オフ会 @腰越港

WEBで知り合ったとどさん主催のカワハギオフ会に初めて行ってきました。天気も良く仕立て船に18人と大勢でワイワイと楽しめました。皆さん気さくな方ばかりで海釣り版電車男くらい皆さんのBBSは盛り上がってます!とどさん皆さんありがとうございました!えっ釣果ですか?そのーあのー・・・

トイレ行かずに我慢して沖上がりまで真剣にやりましたが、5枚です。難しいんですよ・・・これオフの楽しみというか苦しみかも。釣りは理論と実践のグッドスパイラルで向上すると信じている私としては、実践が少なすぎます。がんばるぞー

とどさん、アダムスパパさん写真ありがとうございました。オフ会の皆さんこれからも宜しくお願いしますねー!

[ オフ会 ] 投稿者 daikyu : 10:04 | コメント (6) | トラックバック (0)