由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2008年05月27日

中国の諺

080527_1.jpg

先日の木曽でご一緒した釣りキチの皆さんいかがお過しですか?同行したそのお一人を下流に
見て撮った1枚を改めて見てみると、今日読んだ開高健さんの釣りのエッセイ集になるほどと言う
中国の諺を思いだしました。

1時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい 3日間、幸せになりたかったら結婚しなさい
8日間、幸せになりたかったら豚を食べなさい 永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい

釣り以外は1週間しかもたないらしい。やっぱり釣りは凄いという見方もあるが、釣り人が弱いと
言う見方も出来ると思った今日でした・・・・

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 00:48

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2006年10月18日

釣りのリズム

釣りにリズムは大切だ。特に釣り上がる時・・・・思っているよりもこの感覚が重要だと気づくまでにかなりの月日がかかった。このリズムが良いと一日中気持ちよく行ける。その逆はとてもツライ。そのリズムを作ってくれる要素のひとつがその日最初の一匹だ。

流れの中に身をおいて、ゆっくりと深呼吸をする。スッとロッドを立ち上げた時の感覚がより自然であれば、テンポ良くラインがロッドに乗って滑り出す。描くループがまるで生き物の様に伸びていく・・・

流れに乗ったフライがゆっくりと水面をドリフトする頃には、魚が水面での跳躍をイメージして捕食の準備を始める。手元のラインを手繰りながら独特の期待感に胸がはじけそうになる・・・

バシャッ!・・・この瞬間のためにどれだけの準備と時間をかけたのだろう。ヨシッ!今日は幸先が良い。ゆっくり魚を寄せてくる時に、このリズムが完結することをイメージする。掌に魚が収まった時には何とも言えない安堵感に包まれる。美しい魚であれば言う事はない。

キャステイングもリトリーブも、ランディングもリリースも・・・・もしかしたらキャンプのランタンのポンピング、コンロで返すフライパンに至るまで実にリズムが関係するアクションが多いことに気づく。

もうひとつ大切なのは仲間とのリズム・・・それは釣りに向かう車中から、帰ってくるまでの間ずっと大切な感覚。釣り以外の何倍もの時間を、仲間とのジャムセッションで過ごす。このリズムが実は一番大切なのかもしれない。色んなリズムがハーモニーを奏でる。秋の夜長は極上の野外ライブとなる・・・・

しかしそのセッションの中でzzz・・・・と一際大きなイビキのリズムを奏でるのも僕の得意技ではある。

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 19:17 | コメント (12) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2006年10月16日

オヤジと釣りの関係

釣り仲間のオヤジ達には共通した性質があります。こと釣りに関しては、突き抜けてポジティブだと言うことです・・・・その上釣れない時の言い訳が信じられナーイ!ほど多彩なことです・・・・写真はオヤジ仲間Bzヘッド先輩とMさんとの雨バージョンの釣り上がりです。

釣りに向かうときオヤジの乗った車の中の会話は、ポジティブな空気一色に包まれています。『今日は良いんじゃないのー!やっぱり釣りはピーカンが気持ち良いよね!』(好天バージョン)『曇りだから結構ハッチがあったりして・・・・』(曇りバージョン)『雨降りだと大物の警戒心が薄れるからデカイのでるんじゃないの!』(雨バージョン)

そして惨敗した帰りのオヤジの車は、『やっぱりピーカンは厳しいよね・・・』『天気は良い方が沢はいいんだよなぁ・・・』『雨だと活性が下がっちゃってね・・・』と行きの会話を録音しておけば良かったと思う程です。

かと言って天気によって行くのを止めるのか・・・と言うとそんなオヤジは皆無で、ポジティブシンキングの釣り人の魔性の様な性質が二人、三人と集まる不思議なもので妙な安堵感と、根拠の無い期待感に包まれます。哀しいことにそんなオヤジの気合に負けて、好結果になったりする時もあり、オヤジは有頂天になります・・・・

そしてもうひとつ、忘れてはならないオヤジに共通した性質・・・それは釣れても、釣れなくても夜になって毛鉤が見えなくなると、一風呂浴びて、宴会ではもれなくオヤジギャグを飛ばせると言うことでしょうか・・・・

オヤジの楽しみはそれ以外にもたくさんあるのですが、宴会が嫌いなオヤジを探すのは難しいです。反省会と称した飲み会は、言い訳したり後悔するだけで反省など皆無な飲み会と化して行きます・・・・

ポジティブだが、言い訳も好きで、夜の宴会のために釣りしてる・・・・こんな図式がオヤジと釣りの関係と言えるのかもしれません。しかしこの世界に一歩踏み込んでしまうと、元には戻れない魅力があります。オヤジの悲哀とフライフィッシングのコラボレーションは永遠に不滅です(笑)程々に楽しみ、細く長く行きたいものです・・・

と書きましたがこのオヤジのモデルはもちろん私自身でございます・・・・失礼しました!

魚無連絡です。このエントリーとは無縁、と言うか全く正反対のLOHASをテーマにした素敵なサイト『テラピコットン』さんとリンクしました。よろしくお願いします!!

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 05:55 | コメント (14)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2006年03月11日

釣り方商店開店一周年

おかげさまで釣り方商店を開店しまして一周年となりました。この場をおかりしまして皆さんに御礼申し上げます。ブログのご縁で色んな方と繋がることが出来ました。こんな笑顔で釣りがいつまでも出来る事が大事なんですね。こんなうれしそうな顔してますが、この日はちなみにボーズでした(爆)

何十万とあるブログの中でご縁があり遊びに来てくださり、コメント下さる方、毎朝出勤前にチェックして下さる方、お昼休みに早めに切り上げて会社のPCで開いて見る方、お家に帰って一杯ヤリながら『おいっ!おまえ釣り行きすぎだぞー』とぼやかれてる方もいるかも・・・・

これからも自分なりのペースで、もう少し違った角度でブログの更新を出来ると良いなぁと思ったりしています。友人ショップ経営のSくんのHPでも書いてくれましたが、『子供の目をもつチョイワルオヤジ』を目指して色んなオヤジティックな『釣り方』にチャレンジしていきます。

『あらゆる釣り方、よりよい生活』というコピーには、遠征、キャンプ、川探し、美味しいもの巡り、温泉巡りなどあらゆる釣りの周辺と、様々な釣り方を通じて人生を楽しみたいと言う気持ちをこめました。その時には気の合う仲間がいて・・・ま釣れなくても楽しいと思える釣りがいいですね。

後世に美しい自然を残せる様な活動を少しづつでもして行きたいと思います。自然を通じた人間形成がこれからのキーワードになるとも思っています。昨年のジャ二天の時のサンル川を守る会への署名と、募金活動、又ブログがご縁でお会いした皆さんの影響で良い気づきが出来たと思います。

でも品行方正なオトナには程遠い僕は、今年も暗いうちから川に入り、真っ暗になるまで川にいる様な気もしています・・・・シーズンインしましたので色んな企画を考えております。随時ブログでアップしていきますのでお楽しみに・・・今後とも末永く釣り方商店をよろしくお願いいたします!

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 01:08 | コメント (36) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2006年02月22日

norizouさんと長野

解禁に同行したnorizouさん。彼との縁は遡ること10年前、あるショップのスクールでのことだ。長野勤務の彼とは木曽を中心に渓を歩いた。長野から秋田への遠征がさらに拍車を掛けたか、東京転勤を機にクレージー路線にキレイにハマル事になった・・・

今回も電話連絡なしのブログのコメントのやり取りのみで、参加するという僕も初めての経験だったがメールや電話以上にまめなコメントが、norizouさんの解禁への想いを感じさせるのには十分だった。

栃木のochiくんを誘ったのが一週前、現地にいるMさんを迎えに行きながら合流を決めたのも同じ頃、そしてnorizouさん参加でキレイに車に4人乗る事になった。計画してもこう上手く行かない時もある中、モザイクの組み合わせのように乗車計画までは上手く行った・・・・

しかし世の中はそう事はうまく運ばないのが常で、既報の通り釣り的には厳しい結果になった。イブニング後、冷えた心身を戻そうと日帰り温泉に到着すると、ばったり釣り仲間のtsuchiくんとIsoくんコンビに合った。2分とずれていれば会う事は無かったがこれも縁だ。沈滞ムードの僕達にはうれしいハプニングだった。

tsuchiくんからは前日夜の仕事中に携帯に電話があり取る事が出来なかった。仕事上がりが11時頃で折り返しが出来ず、この日も朝早く東京を発ち、携帯圏外での釣りの為連絡をしていなかった。これも待ち合わせをしてもここまで出来ないと言うほどのスーパービンゴ。

結果はイマイチだったようだが、二人はいつもハッピーなコンビ。お互いの短い結果報告の後は、解禁はお祭りだからしょうがないねと、長野での偶然の出会いは笑顔の再会になった。

帰りには楽しみの蕎麦屋さんでの夕食。限定の10割そばを温泉でほぐした体につるつるっと流し込む。
今日一日の締めくくりとしては、自家製の菜漬けとお茶と言う長野の定番の組み合わせと相まって、何かほっと長野県人である事を実感出来る瞬間だった。

さらに東京に戻って、ジャニ天がご縁で知り合った練馬の住人さんのお仲間との飲み会に初めて参加する事になっている。付き合いの良さだけで生きてきた性質ゆえの段取りは、まるで学生のようなスケジュールである。

後部座席で睡眠中のochiくんとnorizouさんの翌日のサプライズ釣行など知る由もなく、Mさんとの次回の釣行計画を練りながら一路東京へと向かった。お疲れ様でした。3月の次回釣行は色んな川が解禁となるので、釣り人ももう少しばらけるだろう。今度はどんなスタイルの釣行が良いかな?

ヒソカに東北の里川でのライズのある釣りの開拓を計画中である。現地FF仲間に調査を依頼している。
1月に仙台へ行った際、気になる川の話をいくつか聞いた。彼らもこの時期真剣に竿を出したことは無い様だ。リスクの伴う開拓ではあるが、秋田の友人との再会という目的もあり頃合を見て北上することになると思う。

これも釣りだけでないふれあいの旅の目的もある。僕の頭の中には人知れずライズをする、里川のコンディションの良いヤマメがロッドを絞るポジティブなイメージが支配している。何とか記憶に残る1匹と出会いたい・・・

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 04:31 | コメント (10) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2005年12月20日

サンタは僕にはもう来てる!

ブログでお知り合いになったterryさんに先日のフェスタでカレンダーを渡しました。するとこんな素敵な写真を撮って、ブログで紹介下さいました。素敵なメーカーのカタログの表紙と重なり素敵な写真です。写真をメールで頂き改めてこのエントリーをつくりました。terryさんありがとう!サンタはもう僕の所には来ているようです。

私の今年のクリスマスプレゼントはこの写真に代表されるような、素敵な出会いの数々です。今日は下北沢にあるロフトでFFマンのための忘年会が行われ、オークションも盛り上がり司会の僕はへとへとになり先ほど栃木のochi君とようやく家に帰りました。

27人ほど集まった仲間から異口同音に「ブログすごい盛り上がってますねー!」と言われてウレシカッタです。そのキッカケをつくってくれたのがterryさんはじめとするブロガーと言われるブログの管理人の皆さんです。

僕はまめな方ではあると思いますが、釣り人の皆さんとWEB上でこのように繋がる事が出来るとは、3月の立ち上げの時には全くイメージ出来ませんでした。これもご縁があってもことなんですが、フェスタで会ったterryさんもブログは仕事と同じくらいがんばってますよ!という言葉通り、僕もかなりこのコミュニケーションにはまっていると言えそうです。

男の正しいFF的出会い系サイトの自主運営バージョンだと思います。釣りからの仲間も、ブログからの仲間も知り合うきっかけは色々でも釣りが好きな人は会った瞬間に釣りの共通言語で仲良くなれるのが良いところですね。

これからもこの和が続きますように!私のクリスマスプレゼントはこの写真に代表されるような、素敵な出会いの数々です。これからも末永くよろしくお願いします。

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 02:58 | コメント (8) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2005年10月18日

秋田の大ヒノキ

9月の秋田で見つけた大ヒノキ・・・樹齢500年近いのではないでしょうか。故郷の木曽でもこの大きさは中々見ることはなくなりました。広葉樹林のブナ林の中に所々立つ針葉樹の威厳はオーラさえ感じる程の光景でした・・・

初めて入った渓の河畔林での出来事で、入渓当日は急な冷え込みもあったせいか、あまり良くありませんでしたが15cm前後のイワナが多数釣れました(上流部で唯一ochiくん27cmイワナ釣ってます)幼魚はかなり棲息している様で、皆順調に冬を越せば来シーズンが楽しみです。

豊かな森が生み出すミネラル豊富な水がすべての生き物のベースとなっていました。今回の渓探しのキーは「豊かな森から流れ出す」ことでした。

それを裏付ける様な出来事がいっぱい。近日中新しくなったフォトギャラリーにアップ予定です。

ちなみに先日のジャニス管釣り大会ですが・・・『撃沈』です。10分×2セット匹数勝負4対2.5であえなく一回戦負けでした。優勝はジャニス志水ということで皆さん大変盛り上がっておりました(爆)詳細はジャニスHPへ。それにしても、ハーブさんの魚は日本一ですね。魚見ていたら燻製とか久しぶりにしたくなりました。

PS メガトレンド成瀬さんブログの作成支援色々ありがとうございました。何も分からない私に色々と教えてくださり、最後までお世話になりました。今回卒業と言う事でしたので、スタッフブログにトラックバック初めて送ります!今後とも楽しいブログが続けられるようがんばります。たまに見にきてくださいね。

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 07:14 | コメント (166) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2005年06月22日

秋田はいいなぁ

3年前に秋田釣行した時、三平くんの作者矢口高雄さんの故郷増田町で見つけたピンブローチです。ゆりっぺの三平くんが好きだけど中々素直に言えない所がもどかしいようで、でもなんだかほんわかして良かったなぁ。そういえば三平くんの口癖「早めし、早ぐそ、早走り」は今でも潜在意識の中にあるなぁ。BH先輩は増田町に新しい店が出来てがんばっているんだろうなぁ。また会いたいなぁ。三平くんの漫画に出てくるような風景の中で竿を振りたいです。

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 09:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2005年04月13日

仙台支部 営業課長 Eくん

 仙台の釣り人紹介シリーズ第2弾です。幸せいっぱいのEさんです。しかし男のくせに蛾が大嫌いで、一昨年秋田でキャンプした所トイレの入り口に蛾がいてトイレに入れず副部長に付き添いしてもらったという信じられない人です。「ヒゲナガのアダルトは大丈夫なんですよ!」と妙にセレクティブな自分を自慢してましたがどうしてなんでしょう?東北釣行の際はよろしくお願いしますね。

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 15:20 | コメント (8) | トラックバック (0)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2005年04月03日

釣り友達のMさん

Mさんいつもお世話になります。
釣りピーのMさんですが私にとっては良き相談相手でもあります。感謝してます。
これは昨年の秋木曽の渓に行った時のMさんです。ヤマトイワナが遊んでくれました。
2005年9月

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 23:18 | コメント (0) | トラックバック (1)

由井大久 釣り方商店 2005年から2007年のブログ > 釣り人のいる風景

2005年04月02日

仙台支部 副部長殿

いつも仙台でお世話になっている釣り部副部長のYさんです。
ここは宮城県の川ですが尺が並んでいたという話を聞き、翌日東京から日帰りで弾丸ツアー組んだ時、同行してくれた副部長です。いい川ですよねー。しかしこの日は朝から急に冷え込み違う川になってしまいました。また今シーズンもよろしくお願いします。
残念ながら顔が写ってませんがいい男です。(最近はバスプロから菅つりマスターに見事な転身をはたした村○さんによく似ています)

[ 釣り人のいる風景 ] 投稿者 daikyu : 23:57 | コメント (342) | トラックバック (0)