« 春色の里 | メイン | 藤の花の咲く頃 »

2008年05月20日

木曽反省会

080520_3.JPG

連休を過ぎて気温も水温も上昇、魚の活性も一気に上がってきた。いよいよ木曽もベストシーズンへ
突入だ。11名の仲間が開田高原のOZさんログに夜集合で反省会予定・・・今日は思い思いの渓で
竿を出しているはずだ。Lt-cahillさんとお気に入りの渓を釣り上がる。

分かれて釣りあがると、右岸から小さな沢が入っていてその合流点のすぐ上の小さな落ち込みに
良いサイズのタナビラがライズしているのが見えた。本流よりも水温が高いようだ。パイロットフライ
では振り返ってしまったので、CDCカディス#14を結んでタナビラの50cm上にキャスト・・・すると

080520_2.JPG

ゆっくりとフライを咥えたのを確認してからポンと合わせると見た目よりも太く良いサイズで沢から
下らせて本流側で取り込んだ。25cmの丸々と太った良いタナビラだ。控えめな朱点が美しい。
本流筋はウェーディングしている足に感じる水温もかなり冷たい。

もう少し南に車を走らせて、水温の高い渓に移動することに。まだ夕方までは十分時間がありそうで、
外気温も予報通り20度を超えて良い感じだ・・・・



投稿者 daikyu : 2008年05月20日 04:31

-->